• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

研究活動報告

研究活動報告・・・・・(修士2年大庭啓輔)

・研究内容
私の研究テーマは「MPS法による地震応答解析のための基礎研究」です。研究内容を簡単に言うと、MPS法という手法を用いて、コンピューターで地震が起きた時の斜面の崩壊をシミュレーションしています。
週に一回ゼミを行い、進め方やわからない事を指導教授の先生と相談しながら研究を進めています。また、他の研究室との発表会が年に数回あり、学外発表等もあるため、発表の質の向上のために月に一回、研究室内で発表会を行っています。わからないことが多く苦労していますが、楽しみながら日々研究に取り組んでいます。

・学外での発表
大学院生になると学内での発表会だけでなく、学会等の学外で発表する機会もあります。私は2010年に北海道大学で行われた土木学会 全国大会という学会に参加しました。私自身初めての学会ということもあり、非常に緊張しましたが、事前に発表練習を研究室や友人と行っていたためうまく発表することができました。しかし、まだまだ勉強不足の面があり、質疑応答で答えることができない事もあったため、今後も日々の研究に力を入れ精進しなければ駄目だなと思うことのできた学会でした。
発表が終わった後は、もう一つの醍醐味である同じ院生や教授の方々、一緒に研究している人達との打ち上げ♪その土地の特産品を食べて飲み、様々な方々とお話ができた楽しい楽しい宴でした。この反省会(?)を活かし、今後も研究に取り組んでいきたいです。

・他大学との連携
学会で北海道に行った際、室蘭工業大学との連携研究発表会にも参加しました。発表会は様々な意見が活発に飛び交う内容の濃い発表会でした。そのあと懇親会もあり、日ごろの研究の話や学生生活の話など様々な話で盛り上がりとても楽しい時間でした。このような交流会を今後も大事にし、積極的に参加したいと考えています。